いくつかの方法|気になる整形費用は事前にチェック【綺麗で理想の二重を手に入れる】

気になる整形費用は事前にチェック【綺麗で理想の二重を手に入れる】

いくつかの方法

看護師

ばれずに施術を受ける

二重整形はまぶたに折れ目をつけることで、二重にしたり、幅の調整が行えたりする施術です。もともと一重の人はもちろん奥二重の人もよく行っています。施術方法は大きく分けるとメスを使って切開をする方法と、メスを使わない方法に分けられます。メスを使わずに整形する埋没法の場合には、糸を通してまぶたを留めることで状態を変化させます。この方法は簡単に行えるということで施術時間が短く費用も安いという特徴があります。しかし、糸を使って留めるだけなので、強く目元をこすったりすると二重がとれてしまうこともあり、施術後の状態が確実に一生続くわけではないというデメリットもあることを覚えておきましょう。メスを使う方法は切開をすることで折り目をつけるので、二重がとれてしまうということはありません。また切開をした時に目元の脂肪を取り除く処置も受けられるため、目元をすっきりとした状態に変化させることも可能です。メスを使わない埋没法に比べてメスを使う切開法はくっきりとした目元を作ることができるという特徴があります。切開法は傷ができますが、ちょうど見えない位置になるので、そこまで目立つことはないでしょう。費用に関しては埋没法よりはやや高価になります。二重整形をする人は目元の印象が寂しく見える人や、目を大きく見せたい人に最適です。目元は顔の中でも印象を左右する大事な部位なので、不満を持った状態では理想の顔に近づけることが難しくなります。埋没法の場合にはまぶたの脂肪が多く付いている状態の人は施術を受けにくいという特徴があります。まぶたが脂肪で厚くなっていると施術の効果が出にくくなるからです。もともと目元の脂肪が少なくすっきりとした目元の人は埋没法を行うだけで、費用を安く抑えつつくっきりとした二重にできる可能性があります。まぶたが厚いタイプの人は費用はかかりますが切開法でしっかりと跡をつけ、脂肪を取り除く処置も受けると自然な二重にすることができます。しかし切開法は施術後に目が腫れた状態が続くということと、印象が大きく変わることで整形を受けたことが他人にわかってしまうこともあります。どうしても人に知られたくないという場合には、自然な仕上がりになる埋没法のほうがリスクは少ないでしょう。今までは顔に自信がなく前向きに物事を考えられなかったという人でも、二重整形を受ければ自分の顔に自信をつけることができます。それだけで性格が明るくなることもあるので、悩んでいる人は試してみる価値があります。